ワイン王国フランスには、西のボルドーと東のブルゴーニュといった感じで横綱的な生産地があります。
この二つの地域は秀逸なワインを生み出すだけでなく、かなりの量を生産し、かつ、しっかりとランクづけがされています。

簡単な見分けかたとしては、ほとんどの場合、瓶の形がボルドーはいかり肩、ブルゴーニュはなで肩です。

赤白の違いでいうとブルゴーニュの赤は明るい鮮紅色で、香りは発散的、味は赤なのに酸味がはっきり出てきますが、ボルドーは濃紅紫色で、香りは内攻的でカシスの香り、味は若いうちは渋みがでるが、年数がたつとまろやかになってコクがでます。

白は辛口はブルゴーニュがダントツ有名だが、甘口はボルドーにかなわないです。

端的に言うとブルゴーニュは軽やかで爽快、ボルドーは複雑さと精妙さという感じです。

使用する品種はブルゴーニュは、赤はピノ・ノワール、白はシャルドネの単一品種、ボルドーは赤はカベルネ・ソーヴィニョンにメルローのブレンド、白はソーヴィニョン・ブランとセミヨンが多いです。これにより、ブルゴーニュは味と香りは単純だけど透明感、純粋感というものが際立ち、ボルドーは複雑さと奥深さという点では群を抜いています。

例えて言うなら「ブルゴーニュは若くてハンサムなイケメン。ボルドーは哲学的な感じの渋い大人の男性。」といった感じでしょうか^0^?